News / Works

One Point Column

スパイスシリーズ(14)
バニラ

皆さんもよくご存知のバニラ。

アイスクリームやプリン、クッキーなど甘いものに入れることの多いスパイスですね。

バニラは1500年代、メキシコを支配していたアステカ民族の皇帝に、支配されていた部族たちがバニラ入りの

チョコレートドリンクを献上するのが習わしだったそうです。

(んおいしそう💕)

その後バニラを輸入したスペイン人たちが、“さや”の意味である「バイナ」という言葉から「バニラ」と名付けられるようになったとか。確かにバニラはさやの部分を香料に使いますよね。

アーユルヴェーダ的にいうと、バニラの甘い香りはカパ(水の質)が上昇しますので、甘いものや乳製品に入れればさらにカパ度上昇して、むくむ、鼻詰まりなどを起こしかねません。

カパの質が高い方は摂るのを程々にしましょう。

一方、緊張緩和や不眠にも効果的で、穏やかで幸せな気持ちにもしてくれるバニラは、ワータ(風の質)やピッタ(火の質)が高い方に効果的と言えるでしょう。

〜上手にスパイスを使って、快く美しい毎日を〜 arkakiranah