News / Works

One Point Column

スパイスシリーズ(8)
チリ(唐辛子)

トウガラシ属の食物の多くは“チリ”として、多くの種類があります。レッドチリ、グリーンチリ、ハバネロチリ、カイエンペパー、バーズアイチリ、ロンボク、モロン・ニョーラなどのスペインのチリや、ハラペーニョ・アンチョなどのメキシコのチリなど、まだ食べたことのない種類もた〜くさん!チリの歴史は古く、かのコロンブスも「カリブのエスパニョラ島にはインディアンの言葉でアクシ(チリ)という、ペパー(胡椒)よりも強い味のスパイスがあり、現地の人々の食事にはこれが欠かせない」と書き残しているそう。(スパイス完全ガイドより引用)ご存知の通り、チリは適量であれば、消化促進や強壮効果もありますが、食べすぎると胃炎などの炎症を起こしますので要注意です。食べ過ぎた時は、白米や味付けしていないパン、豆類、甘いものなどで沈めてくださいね。私が「ししとう」と間違えて、「青唐辛子」を食べてしまった時は、身体中の穴という穴から汗、涙、鼻水が吹き出し、ココナッツアイスを大盛りで食べて鎮火させました^^; 飲み物はかえって辛さを強めますよ。生のチリはビタミンCが豊富ですし、適量を守れば、炭水化物の消化に役立ち、程よい発汗作用が促され、体の重さやむくみも取れます。量を上手に調整して、お料理に加えてくださいね!

〜上手にスパイスを使って、快く美しい毎日を〜 arkakiranah